MYチャレンジ! みやぎ・やまがた女性交流機構

活動実績

【終了】地域を超えてチャレンジするみやぎ・やまがた・ふくしま女性の交流会


みやぎ・やまがた・ふくしま女性の交流会開催御礼

 開催通算11回目となり、南東北3県の女性を対象とし、名称も改めた
「地域を超えてチャレンジするみやぎ・やまがた・ふくしま女性の交流会」にご参加頂き誠に有難うございました。

 今回のテーマは「今、一歩踏み出す勇気」。このところ少子高齢化に向けて「女性の社会進出」への期待が高まっており この話題には事欠かない毎日です。しかし主体は私たち女性自身。この交流会が始まった11年前とは女性を取り巻く環境は大きく変わりました。 管理職に就かれる女性も多くなってきたことは実感しています。けれどもまだまだためらわれる女性も大勢いらっしゃいます。 又商工会議所等で「女性の為の創業セミナー」を開催すると大変熱心に受講される大勢の女性がいらっしゃることをお聞きしています。 こういう方達もどこかの段階で「一歩踏む出す勇気を求められたこと、求められること」があるはずです。 今回のパネラーの皆さんはそのような皆さんのロールモデルになるのではないかと思い、ご登壇をお願いしました。 お話を伺った皆さんは、如何でしたでしょうか?「一歩踏み出す勇気」を得られたでしょうか?背中を押して貰えたでしょうか?

 さて、ひとつ嬉しいご報告があります。昨年10回目を記念して、初めて福島の皆さんにお声掛けし、「みやぎ・やまがた・ふくしま女性の交流会」を開催しました。 その中のランチ交流の食材は全て、JA福島中央会はじめ福島県内からご提供頂きました。まだまだ風評被害のある福島の食材を使ったお料理を参加者に召し上がって頂きたかったからです。 その食材の中に「あんぽ柿」がありました。「あんぽ柿」は放射能の影響で出荷が遅れた生産物であったとお聞きしております。この「あんぽ柿」を使って、ホテルメトロポリタン仙台のシェフは「あんぽ柿のタルト」を作って下さいました。 この「あんぽ柿のタルト」が大変美味しく、福島から参加して下さった女性たちが、福島に帰ってあちこちで「美味しかった」とお話下さったそうです。 そして今この「あんぽ柿のタルト」を商品化したいというムーブメントが福島市で起こっています。
 福島の女性との連携と出会いで、今新しい商品が生み出されようとしています。実現して少しでも復興のお手伝いができたら、私たちも大変嬉しいことです。 来年の交流会で福島の方達から良いご報告があることを期待しています。

又、来年お会いしましょう!


 平成29年3月吉日
                                         みやぎ・やまがた女性交流機構
                                         会長   井 上 弓 子

第11回交流会実績報告

 第11回交流会実績報告はこちらから

パネルディスカッション 結果報告

 パネルディスカッション結果報告はこちらから

分科会交流 結果報告

※下記コーディネーター名のリンクをクリックすると、結果報告が見ることができます。
① 女性の起業と経営
 コーディネーター
 1班 髙島電機株式会社代表取締役会長 井上 弓子
 2班 株式会社ゆいネット代表取締役 稲葉 雅子
② 農業の6次産業化~成功の秘訣~
 コーディネーター
 公益財団法人東北活性化研究センターフェロー 牛尾 陽子
③ ワークライフバランスの実現
 コーディネーター
 BPW山形クラブ 寿賀 恵美子
④ 地域の活性化とは?自分ができること
 コーディネーター
 1班 ジーエスデザイン株式会社代表取締役 福崎真知子
 2班 宮城学院女子大学現代ビジネス学部長 宮原 育子
⑤ 女性リーダーが輝く地域づくり
 コーディネーター
 東北公益文科大学教員 伊藤眞知子
⑥ 伝える力・聞く力
 コーディネーター
 1班 フリーライター・エディター たなかゆうこ
 2班 フリーライター・エディター 南條 成子
⑦ 自分の可能性を引き出し、生き生きと輝くために
 コーディネーター
 株式会社新庄印刷取締役 小野 葉子

1 目 的

 東日本大震災からの復興、そして「新しい東北」を実現するためには、宮城・山形・福島 の南東北3県がこれまで以上に連携し、地域の活力を向上させることが必要です。そのためには、女性の力は欠かせません。 3県で頑張る女性同士が県や分野を超えてつながり、女性の力を活かした「新しい東北」をつくるために一緒に考えてみませんか。

2 主 催

みやぎ・やまがた女性交流機構/公益財団法人東北活性化研究センター

3 後援

宮城・山形未来創造会議(宮城県、山形県、仙台市、山形市、宮城県商工会議所連合会、山形商工会議所連合会、
一般社団法人東北経済連合会)

4 協賛

ホテルメトロポリタン山形・株式会社佐藤松兵衛商店(乃し梅本舗佐藤屋)・株式会社十一屋・株式会社長榮堂

5 実施内容

(1)開催日時

   平成29年2月18日(土) 午前10時30分~午後3時30分(受付:10時~)

(2)開催場所

   ホテルメトロポリタン山形4階「霞城」(山形市香澄町1-1-1)

(3)内容

   第1部 パネルディスカッション

      『今、一歩踏みだす勇気』

      ・パネリスト 稲葉 雅子氏(株式会社ゆいネット 代表取締役/宮城県仙台市)

             福崎 真知子氏(ジーエスデザイン株式会社 代表取締役/山形県米沢市)

             宮原 育子氏(宮城学院女子大学 現代ビジネス学部長/山形県高畠町)

      ・コーディネーター 南條 成子氏(フリーライター・エディター/宮城県仙台市)


   第2部 ランチ交流 山形県産食材等を使ったビュッフェランチ
       スイーツビュッフェコーナーや「やまがた 土産菓子」コンテスト入賞商品
       試食コーナー(山形県農林水産部) もあります!

   第3部 分科会交流 テーマ毎に分かれてのグループ別ディスカッション


(4)対象者

   宮城・山形・福島県で頑張っている女性100名

6 募集期間・応募方法 平成29年1月16日(月)~平成29年2月10日(金)

第11回交流会パンフ表
第11回交流会パンフ裏

パンフレットのPDF

 【参加お申込みにあたっての注意事項】

  ◆全日程に参加される方のみお申し込みください。

  ◆当日配付の名簿にはお名前・ご職業・ご住所(市町村名まで)を掲載しますのでご了承ください。

  ◆申込書に記載された個人情報はみやぎ・やまがた女性交流機構事業以外の目的では利用いたしません。

  ◆勧誘や営業(ネットワークビジネス等)、商品の販売を目的とする参加は固くお断りします。

   当日の名刺交換は個人の判断で行うようお願いします。主催者は責任を負いませんのでご了承ください。

  ◆会場内に参加者の方々の仕事や活動のPRチラシ、パンフレットの設置コーナーを設けますので、

   希望する方は当日ご持参ください。

   お一人1種類、サイズはA4までとします。余った場合にはお持ち帰りください

7 参加費

 3,500円(昼食代含む)
  ★学生の方は、先着10名様まで参加が無料となります。
   後ほど事務局より無料の対象となるかどうか、あらためてご連絡いたします。

 【ご注意事項】

  1.参加費事前振込制

  2.お振込み確認後、参加登録が完了となります。

  3.受付後、事務局より「振込のお知らせ」をFAXまたはメールにてお送りしますので、到着後、

    1週間以内に参加費をお振込み下さい。

  4.入金確認後、「受付票」を送付します。交流会当日、受付票をご持参ください。

 第11回交流会当日の様子

受付の様子

第1部 パネルディスカッション

第1部 パネルディスカッション

第2部 吉村山形県知事 ご挨拶

第2回やまがた土産菓子コンテスト
入賞商品-1

第2回やまがた土産菓子コンテスト
入賞商品-2

ご協賛 乃し梅本舗佐藤屋様 お菓子

ご協賛 十一屋様 お菓子

ご協賛 長榮堂様 お菓子

第2部 ランチ交流

第2部 ランチ交流

第2部 ビュッフェ
玉こんにゃく

第2部 ビュッフェ コールミート盛り合わせ
県産野菜のピクルス添え

ご提供 JA福島中央会様 あんぽ柿タルト

第3部 グループディスカッション

第3部 グループディスカッション

第3部 グループディスカッション
  • 第13回交流会
  • 第12回交流会
  • 第11回交流会
  • 第10回交流会
  • 第9回交流会
  • 第8回交流会
  • 第7回交流会
  • パネル展
  • 第6回交流会
  • 第5回交流会
  • 第4回交流会
  • 第3回交流会
  • 第2回交流会
  • 第1回交流会